So-net無料ブログ作成

12/12 スラロームパーティー [受講記録]

参加のみなさんに迷惑がかかったのではないかと、ちょっと心配です。

 本家の掲示板には書きましたが、一番後ろで、後ろを気にしないで、自分のペースで走りたかった、ということです。
 どうしても後ろを走られると、プレッシャーを感じてしまいますし、それによって少ない技量がより乱れるのは、明白だったからです。

 が、しかしあの(スラローム)走行会、何か別なものがいますね。走っているとどうしてもペースが上がってきてしまいます。曲がれないのにペースが上がるということは、次に待っているのは「クラッシュ」と何度も思いました。
 自分で「ゆっくり、自分の操作できるスピードで」と思いつつも、どうしてもそれを超えてしまい、自分で「ヘタクソ!」と自分を怒鳴り散らしてしまいました。

 速く走ることが目的ではないし、何より、たとえパーティーと言っても、参加回数の限られているぼくには、数少ない練習の場。「結果、速くなってる」が頭から取れてしまいました。

 実際には、ブーツ擦り、終いにはバンクセンサーまで擦ってしまい「この先はスライドだー!」と寝かせないで曲がる方法を模索(思い出)していました。


 そうしているうちに、Sイントラが後にくっついてくれました。
 実は、Sイントラとは気がつかず、自分の走りでいっぱいいっぱいだったのですが「何であおられないといけないのか・・・、」とコース上で後ろに気づいた時は、そう思いました。
 恐くなって、スタート地点で、最後尾に着こうとした時、シールドを開けてSイントラがアドバイスを下さいました。これにはビックリ。
内藤さん、Yイントラにも同様の事をしてもらったことがありますが、入門とは違う、これが「本当のSRTT」(?)と思えるような、一瞬でした。
 午後だけの受講でも、100%は走れませんでした。入門とは、やはり格が違います。
 要、体力・気力。。。

 しかしながら「楽しい」はいつも気持ちに持ち続けていました。
「楽しい」も一つじゃないんだなぁ、と。
 楽する事が「楽しい」ではありません。
ハードでも、その中で自分の探していたものが見つかったとき、これこそが「楽しい」と思える瞬間でした。

 また、来年、低速系を精進しないといけません。
 高速系も、スタート地点までは行きたいと思っていますので。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。