So-net無料ブログ作成

news 2つ [バイクのこと]

 今日(3/13)、2つ新しい体験ができました。
1つは、ヘルメットのmz、もう一つはCB1100。

 まず、mzは久々のオープンフェースということで
むかーしのおまけでもらった固定シールドのジェットヘルを
思い出した。
 しかし実際に被って走り出してみると、まるで別物。
今日は風がかなり強く、横、前から風に煽られたがヘルメットが
負けて変に首に力がかかるようなことはなかった。
90km/hの巡航でも同様。シールド下からの巻き込みも全く
なかった。
 ベンチレーションもダクト全開だと、40km/h位で頭上に
気流があるのがわかるくらい強力だった。
 また、チークガードが長いので、確かにフルフェースに
近い感覚があった。その分、少しだけ視界に入ってくる位。
 風切り音は横風を受けたときに、ヒューっと音がするくらいで
正面から風を受けた場合は、思ったよりも静かだった。
 シールド下の開口部から、エンジン音が聞こえてくるが、
コンディションを知る上でむしろ好ましく思えた。
 これならスクールでアドバイスが聞き取れないと言うことも
なくなりそうだ。


 もう一つのnewがCB1100。
 まだ大型免許は持っていないが、お世話になっている
ショップの店長に許可をもらい、駐車場内で乗せてもらった。
 ポジション。
 わたしの知っている範囲では、昔、試験場で試験車両として
乗った「CB400T HAWKⅡ」そのものだった。所有していた
「GL400」のⅠ型にもハンドルの位置は似ていたが、足つき性など
「HAWKⅡ」そっくりだった。
 エンジン。
 空冷、こんな音だったんですね。排気量もありましょうが、
太くて、ゴロゴロいってて。でも、何か懐かしい。
駐車場内のみだったので低速しか使えませんが、神経質なところがなく、
クラッチをゆっくりつないでやれば、あとは動いてくれました。
 Uターンのほぼ連続でしたが、CB400SFよりもむしろUターンや
小回りはしやすかった。足を着かずに楽にUターンできました。
昨日まで乗っていたかのような感覚さえ覚えました。
乗りやすい。大きさも全く感じなかった。
 CB1100に乗るまでは、CBR600RRがいいなぁ、と思っていましたが、
CB1100の「安心感、安堵感」には、ただ脱帽してしまいました。
 このバイク選択の方向性、懐かしくていいなぁ。CBRとは真逆だけど。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。