So-net無料ブログ作成

本日のライディングの感想は・・・。 [バイクのこと]

 一時間半、いつもの練習コースへ。
 曇りではあったけど暖かく、停車すると冬用ジャケットだと暑いくらいだった。

 さて、いざ乗ってみると感覚がこれまでと違っていた。
 何が違ったのかというと、
①ブーツを替えたことによる、感覚の変化
②気持ちの変化

 この二つだった。

①ブーツを替えたことによる、感覚の変化
 ブーツは高井のもの。
 大昔、高井のレーシングブーツを履いていて、その足裏から伝わってくる情報量の
多さは、とても気に入っていた。しかし、高井がその系統のブーツを制作しなくなって
久しいらしい。今回入手した物も、友人から譲り受けた物だった。
 実践で履いてみると、やはり、高井のブーツだ。これまで履いていたホンダのツーリング用
WPブーツとは情報量がまるで違う。まず、底の厚さと堅さが大きく違う。高井は底が薄くて
堅いので、情報がダイレクトに足裏に来る。WPブーツは、底が厚めでややクッション性が
あるため、細かな情報はスポイルされてしまう。
 大きなところでは、リアブレーキの感覚がダイレクトに伝わってきて、コーナリング中の
リアブレーキ操作に対する挙動の変化が、しっかりと把握できたことだった。

②気持ちの変化
 先日「体のつかいかた」で一括した事が、今日は実践で使えた、という実感が持てた。
 特に、一般公道を流すときの速度域で、「尻の荷重移動」が実に有効だと実感できた。
乗り込む感覚というか、「ここに重心を置くんだ」という感覚がバイクから伝わってきた。

 次回のSRTT受講、部品をたくさんもらってこられそうだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。